前へ
次へ

お葬式を行う上で故人に聞いておくことは

亡くなった人を偲ぶのがお葬式ですが、最近はセレモニーの内容もかなり様変わりしました。
仏式で行う場合、お金をかければかけるほど高位のお坊さんがきてくれるとか、戒名を高位にしてもらいたい場合はあらかじめ指定しておくなど、ビジネスライクなお葬式が増えてきたわけです。
これは昔と違って葬儀業者さんが葬式のすべてを取り仕切り、遺族はあくまでその手助けをするとのスタンスが生まれたからです。
家族葬などのように本当にこぢんまりとした式の場合は、相当予算を削ることになるため、戒名やその他の部分で安いものが選ばれます。
多くの人を呼ぶ場合はあまり安いものだと見栄えが悪いとして、年配の人などがわざわざ高いものに替える傾向も見られるくらいです。
故人がどんな形の式を望むかは、生前に聞いておかないとわかりません。
末期がんなどで入院した場合などは、たとえ亡くなるまでに日数があっても、どんな式にしたいかなどの希望をそれとなく聞いておくべきです。

Page Top