前へ
次へ

葬儀はテンション的にはへこむもの

へこむ出来事とテンションが上がる出来事は人によって異なります。
ただ、お葬式でテンションが上がる人はまれでしょう。
黒い服に身を包み、お坊さんのお経を聞きながらひたすら黙って目をつぶることは、大人にとってもかなり大変なことです。
ただ、葬式の意味をきちんと考えて理解している人にとっては、お葬式はとても興味深い式になります。
テンション的にへこむことが多い葬式で念仏の意味を考えたり、一つ一つの行為に意味があることを知ると、無味乾燥だった葬式に急に意味がたくさん出てきます。
これらを理解した上で参列すれば、どういう意図でお棺が置かれているのか、花の配置の意味は何かなどがはっきりわかって面白いでしょう。
イベントとして見るとかなり地味で、その上あまり参列したいとは思わない人が多い葬式も、見方を変えてみれば古代から続く伝統的な行事であり、非常に趣深いものに感じられます。
これは式の見方を変えてみれば明らかなことです。

Page Top