前へ
次へ

葬式に参列する時には服装に注意しましょう

葬式に参列するとなった場合には、服装のマナーについては十分に注意したいところです。
男性の場合には黒のフォーマルスーツやダークスーツを着用するのが望ましいでしょう。
スーツに黒のネクタイを着用し、ネクタイの柄は無地のものを選びます。
特に結び方に決まりはありませんが、ディンプルを作るのはマナー違反なので注意しましょう。
スーツはシングルでもダブルでも問題ありませんが、色は黒やグレー系のダークスーツを選びます。
通夜にだけに参列するのであれば、黒のストライプでも問題ないでしょう。
女性の場合には、黒のフォーマルスーツやワンピース、または地味な色のスーツやワンピースなどを選びます。
ストッキングを着用する時も黒を選ぶのが一般的ですが、通夜に参列する場合には、突然の訃報を聞いて駆け付けたという意味合いを持たせるためにも、あえて肌色を着用した方がよいという意見も聞かれます。
パンツスタイルは略式の喪服としては問題ないでしょう。
結婚指輪以外のアクセサリーは外し、カラフルなネイルも避けるようにしましょう。

VIPシティホール
新潟にある葬儀社です。あらゆる形式の葬儀もお任せください。各分野の専門スタッフが対応しますのでご相談ください。

Page Top