前へ
次へ

どのようなタイプの式にするかを決めよう

家族が亡くなったときは、悲しんでいる暇もなくお葬式の準備に取り掛かる必要がありますが、まずはどのような式にするのかを決めておく必要があります。
予算をどれぐらいにするかでも選ぶ式は変わってきます。
時代の変化とともにお葬式への考え方は変化しており、現在はより小規模な葬儀が選ばれるようになってきました。
亡くなった方が高齢で式に呼べる人が少ないという場合は火葬式という選択もありますし、家族やごく親しい親戚や友人で送ってあげたいという場合は家族葬が向いています。
一般的な葬儀では、お通夜と葬儀で2日を使うことが一般的ですが、最近は通夜式を行わず告別式のみを行う1日葬が選ばれることも増えてきました。
こうした式の場合はよりシンプルとなり費用を安く抑えることができます。
お葬式では僧侶の手配も必要となりますが、お付き合いしているお寺がないという人も少なくありません。
そんな場合も葬儀社から寺院を紹介してもらうこともできますので、相談してみましょう。

Page Top