前へ
次へ

お葬式が派手だと世の中は明るいのか

きらびやかな感じで行われるお葬式は、故人がさびしがりやだったり、遺族が派手好きなどの理由で行われます。
お葬式が派手だと世の中明るいように感じますが、これはあくまで故人の意志を尊重する意味で行われており、景気の動向などとは大きな関わりはない様子です。
お葬式は厳かな雰囲気がついてまわり、みんなが黒一色をまとうこともあって重々しい空気があります。
子供などはそれに耐えきれず泣き出したり走り回ったりしますから、相当なプレッシャーがあるのでしょう。
派手で明るい式を提案する人はイベント関連の仕事をしていたり、伝統にとらわれない思想の持主が多いです。
芸能人などは自分を見せる商売をしているため、自分のお葬式はすごくにぎやかにしてほしいとわざわざ頼んでいる人がいるほどだと聞きました。
一般的には葬儀は縮小傾向にあり、家族だけでしめやかに行われることが増えています。
故人との別れを静かに惜しみ、昔話に花を咲かせるのは今も昔も変わっていないようです。

Page Top